ホーム > お知らせ > 「法と民主主義」と「法学セミナー」にて『フリッツ・バウアー』が紹介!!

「法と民主主義」と「法学セミナー」にて『フリッツ・バウアー』が紹介!!

「法と民主主義」(2017/11号)と「法学セミナー」(2018/01号)にて『フリッツ・バウアー』が紹介されました。

「ドイツの第二次世界大戦後の歴史認識に大きく影響を与えたアウシュビッツ裁判はバウアーの存在なくして行われることはなかった。もしそうなっていたらドイツの戦後の歴史認識は大きく違っていたとも言える」(「法と民主主義」2017/11号より)

「戦争犯罪に限らず、およそ犯罪に対する裁判に「勝者」はいるのか。本書が描くバウアーの姿勢は今日の日本にそんな問いを投げかけている」(「法学セミナー」2018/01号より)



 

このページのトップへ

関連書籍

フリッツ・バウアー

フリッツ・バウアー

ナチスの戦争犯罪を追及した検事長の評伝

 
 

このページのトップへ