ホーム > お知らせ > 12/10にドイツ文化センターにて1月刊『フリッツ・バウアー』の翻訳者のトーク

12/10にドイツ文化センターにて1月刊『フリッツ・バウアー』の翻訳者のトーク

12/10(土)にドイツ文化センターにて1月刊行予定の『フリッツ・バウアー アイヒマンを追いつめた検事総長』の翻訳者、本田稔先生とジャーナリスト斎藤貴男氏のトークライブが開催されます!!


興味のあるかたはぜひ予約してお越しください!!

<ドイツ文化センター トークイベント「フリッツ・バウアーの伝記の日本語翻訳本の紹介と翻訳者とのトーク」> 
■日時:12/10(土) 16:00-18:00(予定)
■場所:東京ドイツ文化センター図書館(2F)
東京都港区赤坂7-5-56
■登壇者:本田稔(立命館大学法学部教授)、斎藤貴男(ジャーナリスト)

【本田稔(ほんだみのる)】1962 年大阪府に生まれ。1993 年立命館大学大学院法学研究科博士後期課程修了、博士(法学・立命館大学)。現在、立命館大学法学部教授。

【斎藤貴男(さいとうたかお)1958年東京生まれ。ジャーナリスト。

https://www.goethe.de/ins/jp/ja/ver.cfm…

 

ドイツの歴史認識を変えたきっかけを作ったアウシュビッツ裁判。世界との和解のため、ドイツの未来のため、これからを担うドイツの若者のため、戦争犯罪を生涯追及した検事総長、フリッツ・バウアーの評伝がアルファベータブックスより来年1月に刊行予定です。
http://ab-books.hondana.jp/book/b272843.html

さらに同じく1月の7日から、このバウアーの活躍を描いた映画『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』が2017年1月7日よりBunkamuraル・シネマ他にて公開となります。
http://eichmann-vs-bauer.com/

 

 

このページのトップへ

関連書籍

フリッツ・バウアー

フリッツ・バウアー

ナチスの戦争犯罪を追及した検事長の評伝

 
 

このページのトップへ