ホーム > 日常という名の海で

日常という名の海で  新刊

淡路島物語

日常という名の海で

父と子、母との葛藤、故郷の人々…俳優笹野高史、沖縄の女との出会いと別れを詩情豊かに綴る自伝的記録!

著者 菅 耕一郎
ジャンル 文学 > 評論・エッセイ
出版年月日 2017/05/10
ISBN 9784865980332
判型・ページ数 4-6・250ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
 
 

目次

第一章 黄金時代――父の死とホトトギス 
第二章 淡路島――子供の四季暦 
第三章 ぶとう酒色の海――「幸福は心に長く留まらない」 
第四章 恋愛論――蝉時雨と前衛としての芭蕉
第五章 父と子――海のような日常と父の虚無 
第六章 反抗期――「無より悲しみのほうがいい」
第七章 素朴さと軽やかさと――首里の娘 
第八章 「ユリシーズ」――政治の季節に何を見たか 
第九章 「マタイ受難曲」――クラシックとパウル・クレイ 
第十章 明るい部屋――レスボス島の女と小さな男
第十一章 シュールレアリスム――安部公房と三島由紀夫
第十二章 美しい嘘――音楽の音と芝居 

このページのトップへ

内容説明

「私は十八で島を出てから東京、パリ、東京、そして再び淡路島へ帰ってきた…。」父と子、母との葛藤、故郷の人々…俳優笹野高史、沖縄の女との出会いと別れを詩情豊かに綴る自伝的記録!

このページのトップへ