ホーム > フルトヴェングラー研究

フルトヴェングラー研究

フルトヴェングラー研究

1997年にイエナ大学で行われたシンポジウム「ヴィルヘルム・フルトヴェングラー会議」の講義録の全訳。貴重な資料も収録!

著者 セバスチャン・クラーネルト
野口 剛夫
ジャンル クラシック音楽
クラシック音楽 > 指揮者
出版年月日 2015/08/31
ISBN 9784865987010
判型・ページ数 A5・154ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 在庫あり
 
 

内容説明

1997年イエナ大学で行われたシンポジウム「ヴィルヘルム・フルトヴェングラー会議」での講義録の全訳。指揮者フルトヴェングラーの作曲家、思想家としての業績を広く紹介し、彼の魅力と実像に迫る。フルトヴェングラーと親交のあった、マッツナー、テーリヒェン、アルブレヒトらの証言も収録。こちらは貴重資料であり、フルトヴェングラー研究者・音楽愛好家に大きな関心を持っていただける内容となっている。

このページのトップへ