ホーム > 見崎 鉄

見崎 鉄

名前 見崎 鉄
カナ ミサキ テツ
 

プロフィール

1965年生。ライター。歌詞論を中心にサブカルについて論じている。歌詞論は高校教科書に掲載され、法科大学院入試でも使われた。マンガ論は韓国語に翻訳されている。著書『さだまさしのために―批評と擁護』(ベストセラーズ、1998年)、『Jポップの日本語―歌詞論』(彩流社、2002年)、『謎解き『世界の中心で、愛をさけぶ』(ライターズジム名義) (夏目書房、2004年)、『阿久悠神話解体―歌謡曲の日本語』(彩流社、2009年)、『ドラゴンボールのマンガ学』(彩流社、2011年) 他、共著書多数。

このページのトップへ

著作一覧

尾崎豊の歌詞論

尾崎豊の歌詞論

新たな読みの可能性を切り拓く歌詞論!!

著者:見崎 鉄
 
 

このページのトップへ