ホーム > カベルナリア吉田

カベルナリア吉田

カベルナリア吉田
名前 カベルナリア吉田
カナ カベルナリアヨシダ
 

プロフィール

1965年北海道生まれ、早稲田大学卒。読売新聞社ほかを経て2002年からフリー。沖縄と島を中心に全国を周り、紀行文を執筆している。近著は『肉の旅』『絶海の孤島』(共にイカロス出版)。ほか『沖縄の島へ全部行ってみたサー』(朝日文庫)、『沖縄・ 奄美の小さな島々』(中公新書ラクレ)、『沖縄戦546日を歩く』(彩流社)、『カベルナリア吉田の沖縄バカ一代』(林檎プロモーション)、『沖縄ディープインパクト食堂』(アスペクト) など沖縄、島関連の著書多数。早稲田大学社会人講座「実踏体感!沖縄学」「ニュースの街を歩く」ほか随時開講、ラジオアプリ「勢太郎の海賊ラジオ」でも番組「カベルナリア吉田のたまには船旅で」を随時配信。趣味はレスリング、バイオリン、料理。175cm×88kg、乙女座O型。

このページのトップへ

著作一覧

狙われた島

狙われた島

数奇な歴史と運命に翻弄された島々を巡る。

 
 

このページのトップへ