ホーム > 吉田 進

吉田 進

名前 吉田 進
カナ ヨシダ ススム
 

プロフィール

1947 年、東京生まれ。作曲家。1970 年、慶應義塾大学経済学部卒業後、池内友次郎、大月玄之両氏に師事。 1972 年、渡仏。パリ国立音楽院(コンセルヴァトワール)作曲科においてオリヴィエ・メシアン氏に師事。パリ在住。 代表作に《空蟬(うつせみ)》、《演歌Ⅲ~袈裟と盛遠~》(パリ・オペラ座委嘱)、《縄文》(日本フィルハーモニー委嘱)、能 オペラ《隅田川》(フランス政府委嘱)他多数。著書に『ラ・マルセイエーズ物語』(中公新書)、『パリからの演歌熱愛書簡』(T BSブリタニカ)、『フリーメイソンと大音楽家たち』(国書刊行会)がある。

このページのトップへ

著作一覧

パリの空の下《演歌》は流れる

パリの空の下《演歌》は流れる

現代音楽家・吉田進初の自伝的エッセイ。

著者:吉田 進
 
 

このページのトップへ